【マナブさんおすすめ】人を操る禁断の文章術のまとめと今後のプラン

ブログ

マナブさんがブロガー向けに紹介していた本の内容が知りたい…

マナブさんがおすすめする本はとても読みやすくて人を動かす文章術が満載です。それでは見ていきましょう!

先日のこの記事を紹介した投稿。

この本のテクニックがほぼすべて使われています。

✔本記事の内容

・文章の目的は人を行動させること。
・人を動かす文章の3原則が分かる。
・人を動かす7つのトリガーが分かる。
・今後のアクションプランが分かる。

スポンサーリンク

文章の目的は人を行動させること

アメリカの大型量販店での出来事。

紙オムツ売り場に「ある文章」を提示しました。

すると、紙オムツよりも高価な全く別の商品の売り上げが大幅アップ。

その商品とは何でしょう。

提示したコピーは、

「今しか見られない姿、残しませんか?」

答えは、使い捨てカメラです。

「買ってください」と一言も言わずに、私たちは想像力のスイッチを入れられる。

文章は、勝手に人を行動へと移してしまう力があるということ。

人を動かす文章の「書かない」3原則

読み手の心を動かし、行動へと導いてこそ初めて文章は存在する価値がある。

ここでは、その土台となる文章を書く際の心構えを紹介します。

あれこれ書かない

「今しか見られない姿、残しませんか?」

のように、簡潔に短い文章で伝えればいいということ。

きれいに書かない

人を動かすのは論理でなく感情。

当たり障りのない言葉でなく話すように書くといいです。

(✕)おすすめされたお店のハンバーグを食べてきました。噂に違わず美味しかったです。

(〇)おすすめされたお店のハンバーグを食べてきました。ナイフを入れた瞬間、肉汁がジュワッ とあふれるハンバーグ、びっくりする美味しさでした。

自分で書かない

刺さる言葉は自分ではなく相手の心の中にある。

相手が読みたい内容や言葉を選んで文章を書きましょう。

人を動かす7つのトリガー

 

興味

人は自分の夢中になれることに時間を忘れる。

興味に触れれば勝手に行動してくれる。

ホンネとタテマエ

理想(こうありたい)と現実(こうあるべき)の狭間で揺れる感情。

建て前の中に秘めている本音を見抜き認めてあげること。

認めてくれたことで人は信頼し、行動へと駆り立てられるということ。

「頑張るママの手が悲鳴を上げています」「年中、手荒れに悩むママに朗報です」

「食洗器で家族と過ごす自由な時間も手に入りますよ」

この文章を見たパパはどうでしょう。

タテマエ:主婦として、家事はきちんとこなす

ホンネ:手荒れするほど家事が大変。ラクをして時間が欲しい

男性は女性の大変さに気付き、女性たちは認めてもらえたことに共感する。

結果として購入への行動してしまう。

悩み

悩みの9割は「HARM」の四文字に集約されて分類される。

H Health 健康、美容
A Ambition 夢、将来、キャリア
R Relation 人間関係、結婚、恋人、会社
M Money お金

これに世代を書き合わせると悩みを当てることができる。

例:20代なら、モデル体型への憧れ、社会人若手の辛さ、結婚願望、給料への不安。

ソン・トク

人間は基本的に無料が好き。

また、得するよりも損することのほうが大きな影響を受けるということ。

例:返品無料サービス、31日間無料キャンペーン

また、デメリット→上回るメリットで紹介すると大きな信頼が得られます。

例:確かに○○は若すぎるが、成長が期待できる。

みんな一緒

「まだ○○していないんですか?」

「すでに100万人の方が登録済みです」

「あの有名人も使っていますよ」

憧れの人やみんなしてるという社会的証明は人を駆り立てます。

認められたい

「こんなの初めてです!」「アドバイスで変わりました!」

これらの言葉は人の認められたいという承認欲求をくすぐります。

あなただけの

「誰にも言わないでね、内緒だから」

「本日限定で限定販売しますが在庫僅少です!」

規制や制限があると人は欲しくなり動かされます。

まとめと今後のプラン

本記事の内容のまとめです。

・文章の目的は人を行動させること。
・人を動かす文章の3原則が分かる。
・人を動かす7つのトリガーが分かる。
・今後のアクションプランが分かる。

紹介されている文章術が使えるのはブログだけでないです。

TwitterやLINE、企画書やメールなどにも使えます。

モノを売ることはもちろん、情報を伝える手段としてさっそく使っていきましょう。

知識は学んだことを活用し、反応から分析することで初めて身に付きます。

試しに僕が冒頭のTwitterで使ったようなフレーズ。

真似してTwitterやブログで使ってみましょう。反応が違いますよ。

それでは、今回はここで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました