筋トレ初心者はまずスクワット!その3つの理由とやり方!

筋トレ
 

筋トレしてみたいけど、どんなことをすればいいの?

 
 

筋トレ初心者の方に、スクワットがおすすめです!
いつでも、どこでも、誰でもできて、「エクササイズの王様」とも呼ばれているトレーニングです!

 
スポンサーリンク

スクワットをやるべき理由

やせやすくなる

スクワット1回の消費カロリーは、腹筋50~100回に匹敵すると言われています。

それは、下半身の筋肉は、体全体の筋肉の約60~70%を占めているから。

つまり、スクワットをすることで、少ない時間や回数で多くのカロリーを消費することができ、効率的に脂肪を燃やすことができます。

大きな筋肉の量が増えることで、基礎代謝も上がり、太りにくく、やせやすい身体を作ることができます。

引き締め効果がある

スクワットをすれば、男女問わず、脚が引き締まり、太ももやせやヒップアップなど、美脚効果が期待できます。

スタイルがよくなることで、細めのスキニーパンツなどを穿けて、おしゃれの幅も広がりますね!

でも、女性はスクワットをしたら脚が太くなるんじゃ…

そんなことはありません!スクワットで脚を太くするには、かなりハードなトレーニングをする必要があります!

ローラさんや、藤田二コルさんなどの多くのモデルさんもハードなトレーニングをされていますが、脚が太いということはなく、むしろ綺麗に引き締まってますよね。

自宅で簡単にできる

スクワットは、他のトレーニングと違って器具も必要なし。自宅で今すぐ簡単にできます。

歯みがき中やテレビを見ながら、ケータイを触りながらなど、何かをしながらでも行えるのが大きなメリット。

慣れてきたら、ペットボトルに水を入れて持ったり、実際にジムに行くなど、自分のペースで調整することができます。

スクワットのやり方

スクワットも、正しいフォームでしなければ効果が出なかったり、ケガしてしまうことも。

正しいフォームは、必ず押さえておきましょう!

●スクワットの正しいやり方

①足は肩幅の1.5倍くらいに広げて、つま先は少し外側

②胸はしっかり前に張る

③なるべく膝がつま先から出ないようにして、地面と太ももが平行になるまでお尻を下げる

④上体の姿勢はそのままに、立ち上がる

まずは10回できるかチャレンジしてみましょう。

できそうなら、15回×3セット、休憩は30~60秒くらいで行えるといいと思います。

もし物足りないようであれば、ペットボトルやダンベルなどで重りを足して行いましょう。負荷を増やすことで、さらに大きな効果が期待できます。

また、動画の方が動きはイメージしやすいので、上手くできないよ!という人は確認してみましょう!

【参考動画】【筋トレ】スクワットの正しいやり方とよくある間違いを詳しく解説! | Muscle Watching

【筋トレ】スクワットの正しいやり方とよくある間違いを詳しく解説! | Muscle Watching

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました!
今すぐ!レッツ筋トレ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました